オンナ独身いつか嫁ぐその日まで★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ デート
FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2020/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
カーッ(熱)
メールを着信していることに気がついたのは
16時を過ぎていたわ。

寿司の紳士からよ!!!

彼からのメールだとわかった瞬間、胸のあたりが一瞬
カッと熱くなったのを感じたわ。

そのメールを開くと・・・


続きを読む

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

寿司の紳士と熟年デート(1)待ち合わせ編
日曜日の午後に、大人の男女が待ち合わせに選んだのは
日比谷シャンテの正面玄関の中。

この待ち合わせが緊張するのよ・・・。

時間少し前に、寿司の紳士はちゃんと待ち合わせ場所に
到着して、あたくしを待っているわ。
あたくしはほぼ時間ぴったりにその場所に着くの・・・。

彼を見つけたあたくしは、恥じらいの仕草で小さく
手を振るわ。
すると、小さな花束を持った寿司の紳士が、笑顔でこちらに
向かって歩いてくるの・・・。
恋愛にはまだ満たないふたり。
笑顔に表れる胸の鼓動を隠しきれないの。
彼が持つラナンキュラスの花束がささやいたわ。

「これは運命よ」 と。
路上で詩集でも売れ


現実は違ったわ。






続きを読む

テーマ : いつまでも独身じゃいられない!
ジャンル : 独身・フリー

ミンミン ゴロゴロ
あたくしがお見合いパーティーでほとんど奇跡的にカップルに
なった方、彼の名は寿司の紳士。
高級寿司屋で初めておデートした帰り、わざわざ遠い方の
駅に向かって歩いたのよ。
なぜ近い方じゃなく遠い方の駅なのかって?
それがおデートなのですわよーーー。

この道は、桜の時期になるととてもきれいなんですよ。
ほら、ずっと桜の木でしょう。


いつもだったらうるさいばっかりの蝉が、今夜ばかりは
おデートの盛り上げ役。
ミーンミン

あたくしは上を見上げたわ。
こんな都会にも緑がいっぱいあるのね・・・。
ゴーロゴロ

ここからは下り坂なので、足元気をつけて下さいね。

もっさりとしたイモ臭い女を、見栄えのいい紳士が気遣うわ。
ゴーロゴロ


雷じゃありませんわよ




続きを読む

テーマ : いつまでも独身じゃいられない!
ジャンル : 独身・フリー

お寿司のあとに
この道は、桜の時期になるととてもきれいなんですよ。
ほら、ずっと桜の木でしょう。


そして寿司の紳士は続けてこう言ったわ。

JRの駅まで散歩がてら歩きませんか?


最寄りの私鉄駅までは5分くらい。
でも彼はあたくしともう少し話す時間を作ってくれようと
したみたいなの。
あたくしも散歩は嫌いじゃないし、日が落ちていくぶん涼しい
風が出ていたし、その日の白いパンプスは履きなれているもの
だったから、少しくらい歩いても大丈夫よ・・・。

そうですね、歩きましょうか。

まだぎこちない2人は、お互いの歩調を確認しながらゆっくり
歩いたわ。

この散歩があとで自分を追い詰めることになろうとは・・・。


オンナ独身41歳、なぜ、なぜ・・・。

テーマ : いつまでも独身じゃいられない!
ジャンル : 独身・フリー

初めてのこと
先週の金曜日の初デートのこと。
このブログを読んで下さっているみなさまにはすぐ
ご報告をしたかったけれど、心を整理する時間が必要
でした・・・。

 *

寿司屋を出た後、あたくしたちは北品川駅に向かう
までのちょっとした距離を歩いた。
ゆるやかな坂を下ったつき当たりに国道が見える。
国道を渡り、左手に折れればそこが駅のはず。

しかし、彼は国道の1本手前の三叉路で一瞬立ち止まり、
何も言わずその路地を右に入った。
数メートル先の、さほど派手ではない看板。
品川という土地柄からか、さりげなくある建物。
その前で、彼はあたくしの目を覗きこんだ。


彼があたくしの腰にそっと手をまわしたのがわかった。
日はとうに落ち、気温は下がったはずのに、
真昼のアスファルトのような熱気がそこから伝わって
きたからだ。

訳ありげな年配の男女と建物の出入り口ですれ違った。
彼らの顔を見ることはできなかった。
すれ違いざま、人工的な何かがふと香った。


彼が小さな窓口でキーを受け取った。
狭いエレベータで、3階のボタンを押したのは
あたくしだ。
それは言葉のない合意。



白いシーツがひんやりとしていた。




あたくしは彼と寝た。






続きを読む

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
数十回のお見合いパーティーではいつも相手にされず、友達の紹介ではフラれる地味で内気なオンナ。東京の端の狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。好きなお惣菜は豚の角煮、ザーサイとバラ肉の炒め物、タン塩レモンサラダ。楽しみはお風呂で「翼を下さい」を歌うこと。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになり、お付き合いに発展する快挙↑。だがあえなく破局↓。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。そんな時に長年働いた派遣先からの契約終了を告げられる。同時に過去の真面目な働きぶりが認められ転職に成功。現在は別な会社の契約社員。
人生の目標は結婚。貧乏でもいい、愛し愛される結婚がどうしてもしたい。結婚できたらどんな困難も乗り越えてみせるわ。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指してジタバタするオンナでございます。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック