オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 38才独身女

*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その先に何か見えるの?
38才独身女と飲むのは久しぶりのこと
だったわ。
社内で顔を合わせたときに、少し立ち話を
することはあるので、元気だということは
わかっていたわ。

あたくしたちが向かったのは、会社の
最寄り駅近くの居酒屋よ。
おつまみの種類が多く、何よりチェーン店の
気安さが気に行っているの。
値段が安いのはもっと気に入ってる

「前に話してた彼とどうなってるの?」

最近のテレビの話題や健康の話題も
そこそこにずばり聞いてみたわ。


「どうなってるって?」


あたくしの質問に質問で答えた38歳独身女
この答えでもうわかってしまったわ。


どうにもなってないことが。


前にも進んでない。
だからと言って関係が切れたわけでもない。
アラフォーで結婚を熱望している女にとって
それがどんなに苦痛であるか、あたくし
よくわかりますわ。
ええ、よくわかりますのよーーー。

わかるからこそ・・・

ズバリ聞きましたのよ。



「結婚話、進んでるんでしょ?」

って。





スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

どっち?
通勤電車の中ではマスク姿の方がずいぶん増えてきましたわ。
みなさまはお風邪などひいていらっしゃらないかしら。
あたくしは元気でございます。
子供の頃、家にあった暖房器具はこたつと小さな
石油ストーブだけでしたわ。
その石油ストーブも、お正月と2月の特に寒い日でないと
付けてもらえませんでしたの・・・。
そんな厳しい(貧乏な)家庭に育ったせいか、あたくしも
妹も寒さに強く風邪もほとんどひかない大人に成長
しましたのよ。

さて、季節はこんなに寒くなる前の、まだ秋口のこと。
夜になると少し肌寒くなってきた頃で、今から少し前の
話でございます。

若者が集まる池袋の繁華街で、久しぶりに38歳独身女
居酒屋で飲みましたの。
以前は会社帰りだけでなく、土曜日までわざわざ出てきて
食事をしていたこともありましたのよ。
しばらくしてお互い彼氏ができたり環境が変わったりで、
今は会社帰り、ときたま飲みに行くくらいのペースになり
ましたわ。

彼女と飲むとき、いつもその手の話題で口火を切るのは
あたくしではなく、38才独身女の方。
でもこの日はあたくしの方から聞いてみましたわ。
「彼氏とはうまくいってるの?」って。

うちに来るといつもだらーんとしてるの
とか、
濃い味付けが好きだからか、最近お腹周りがやばく
なってきた

などなどなど、愚痴のようで実はのろけ話
おっしゃっていたわ。

永谷園の麻婆春雨がすごく好きだから、うちに
5~6個は常備それに合挽肉と豆板醤をプラスして、
ウエイパーを入れればチョーご機嫌


なんですって。

麻婆春雨!

あたくしも大好きなのよーーー!!


でもそんなことどうでもいいのよーーー。


みなさまもでしょ?


一番聞きたいことは、一番聞きにくいこと。

うちの近所にタイ人がやってるタイ料理のお店があって、
そこのランチのトムヤム麺がさあ・・・


一番聞きたいことから遠ざかって話は続くわ。

一番聞きたいこと?


それはズバリ・・・







続きを読む

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

結果はみなさまご想像の通り
38才独身女とまむし男。
2人の関係は終わってしまいましたわ。
「会社には行かない方がよかったんだよね」
ソウルでの夜、38才独身女はそんなことをぽつりと
呟いていたので、あたくしは

そうだったのかもしれないね



そう答えましたの。



でも・・・



続きを読む

テーマ : いつまでも独身じゃいられない!
ジャンル : 独身・フリー

そこに愛はあったのでしょうか
今日初めてあたくしのブログにいらした方は、前々回あたりの
記事からお読みくださいね。



「だーかーらー、そうじゃなくてー」


どういうこと?

「言ったんじゃなくて、会いに行ったってこと!
だってメールの返事もないし、電話も繋がらないんだもん」


ああ、そうなのね。
最初からそう言え

あたくし、このあたりでまむし男の話を聞くのに疲れて
きたみたい。
どっと眠気が襲ってきたわ。
そろそろ話を終わらそうと思ってこう言ったの。

で、彼の家に行って、別れを宣言してきたんだね。

「ちーがーうー
彼んち知らなし」



え?
彼の家に行ったことないの?

38才独身女はそれには答えることなく言ったわ。


だーかーらー


続きを読む

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

桃になりたい
ダイエットをすべきなのはあたくし。
そんなに太っては見えないけれど、付かなくていいい
ところにたっぷりとがついているの。
例えば、腰回り。
ウエストのくびれなんて、ここ10年見てないわ。
お尻もそう。
丸くてぷるんとした、みずみずしい桃のような尻が理想
だけど、あたくしのお尻はまるでしなびた茄子のような
垂れ尻。
たるみが一番目立つのは顎のライン
普通にしてたら二重顎
下を向いたら三重顎
象の足首は諦めたわ
人気ブログランキングへ


こんなあたくしを差し置いて、38才独身女がダイエットを
始めたのはいつだったかしら・・・。

今日はそんな彼女と、派遣のオアシス第3会議室で
ランチをしたわ。
あたくしは380円のコンビニ弁当。
38才独身女は、家から作ってきたお弁当。
大きめのお弁当箱だけど、中身の半分はキャベツの千切り
だったから、あたくし聞いたわよ。

それでお腹空かない?って。

「最初は空いたけど、もう慣れた」
ですって。

そんな痩せててダイエットしなくてもいいのに。

「痩せてないよーーー!!!
お腹の下がぽこっと出てて、顔が丸いから男の人には
太って見えるんだって」


彼女よりずっと背が低いのに、顔の大きさは2倍もある
あたくし・・・。
しかも佳代子


「でも、夜はしょっちゅう飲みに行ってるから
ダイエットの効果がわからないんだよね」

って言ってたわ。
まだ飲みに行ってるのね・・・。

この日、彼女からまむし男についての話はなかったけど、
しょっちゅう飲みに行ってるってことは、まだ寂しい
ってことよね・・・。

オンナ独身41才、実は一途だったのね


婚活ねっと


お見合いパーティーなら「シャンクレール」TVや雑誌でおなじみ!






テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 独身・フリー

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。