オンナ独身いつか嫁ぐその日まで★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 才女
FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2020/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
純粋な人
数少ないあたくしの友達、その名は才女。
地味でつまらなくて何の取り柄もない独身女の
あたくしとは対極にいる女性よ。

才女夫婦は、絵にかいたような素敵な夫婦だったのよ。
まさか離婚してしまうなんて思いもしなかったわ。

おおまかなことは前に聞いていたけど、離婚して
しばらくたってからのある日、才女から
ことの詳細を聞いたわ。
心の整理がついたのか、すっかり立ち直ったのか、
久しぶりに会った才女は吹っ切れたようにも見えて
あたくし安心しましたのよ。

「ラナンちゃんお見舞いに来てくれたとき、
あの頃は一番苦しんでた時だった」


3.11の震災のあと、才女はダンナさんのことと
仕事のことの心労が重なって、体調を崩したの。
○○大学病院で検査を受けたけど、身体に異常は
見当たらず、同じ病院の心療内科(この名称だった
かは不明)に通っていたわ。
でも薬を大量に処方しようとする先生に才女が
不信感を抱き、小さな病院に変え、少しの間
その病院に入院していたわ。

あたくしがお見舞いに行ったときのことは
以前書いた記事をお読み下さいね。

2011・夏(病院へ)

2011・夏(窓の中から)


ラナンちゃんには話してたけど、元々私は人に
心の奥底を打ち明けられるタイプじゃない。
だから一番つらかったことを誰にも言えなかったの。

先日、御茶ノ水の居酒屋で会った才女はそう
言っていたわ。

「一番つらかったこと?
あの女の人のこと以外にも何かあったの?」
そうあたくしは聞いたわ。

その女の人のこと、なのかな。
でも、彼女がどうこうよりも、元ダンナと私の
ことだったんだよね。
元ダンナが言ってたの。
『強がってるけど、本当は弱い子なんだ。
純粋で』

って。

元ダンナさんはその彼女のことを何度も何度も
そんな風に言ったそうなの。

だから何?
私のことはどうなの?

才女がそう口に出したところで、ダンナさんに
「君って強いよな」
と言われたそうよ。
薄笑いを浮かべながら・・・。

だからそれが何なの?
このことで傷ついたのは私のはず。
なのにどうして今彼女のことを言うの?


そう才女は叫んだわ。
心の中で・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


オンナ独身42才、純粋な女だってさーーー
そんな女この世にいない


人気ブログランキングへ

テーマ : 旦那さんのこと。
ジャンル : 結婚・家庭生活

男の気持ち



正直に全部話して。




才女はきっぱりと言ったわ。
全部聞いた上で、才女はダンナさんとふたり、
この危機を乗り越えられる自信があったの。
結婚して約20年の長い時間を思えば当然思うわ。
こんなことで夫婦が壊れるはずない、って・・・。

「誰かに傍にいてほしかった。
そういう時だってある」

それっきりダンナさんは黙ってしまったの。

そんな時、たまたま彼女の連絡先があっただけ。
たいしたことじゃない。
そう思った才女は言ったわ。
「子供のこと、ちゃんと話し合おう」
って。

ダンナさんの返事はこうだったわ。
「夫婦ってなんだろうな」
そう言われて、才女は何も答えられなかったわ。

お茶の水の居酒屋で、才女はこう言っていたわ。
彼が自分を必要としている時、そばにいて
あげられなかった。
一緒に暮らしていたのに、長い間そのことに
気付いてなかったって。
自分のことばかり考えてたって・・・。


「もし君と結婚してなくて、別な誰かと結婚して
いたらどんな暮らしをしてたんだろうって、
考えることがある。
それが・・・」


全部正直に話して
と言っておきながら、
バカ正直なダンナさんの打ち明け話を
途中で遮ったのも才女だったわ。
もう気がついていたのね。
彼を失いかけてるってこと・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

オンナ独身42才、知りたいけど知りたくない・・・か



婚活 ブログランキングへ


テーマ : 旦那さんのこと。
ジャンル : 結婚・家庭生活

1回と2回の違い
ふたりはあたくしの憧れの夫婦だったわ。
きっとあたくしだけじゃない。
ふたりを知る誰もが、あの夫婦をうらやましがったと
思うわ・・・。

ある平日の夜、あたくしはことのいきさつを
才女から聞いたの。
もう過ぎたこととして・・・。

今日初めてあたくしのブログをお読みになった
方は、前回の記事からお読みくださいませ。
(あまり前からお読みになっても長くて
疲れるだけなのでご注意ください)


茄子の漬物に七味唐辛子をたっぷりと振った
才女。
しっかりとした話しぶりは、いつもの才女と
変わりなく、七味唐辛子はお酒に酔ったせい
とも思えなかったわ。

「え?これは?」

茄子の上にこんもり溜まった七味唐辛子。
こんなに掛けて食べられるの?
そう目で訴えたつもりだったけど、才女には
通じていなかったみたい。
話はとつとつと続いたわ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 結婚生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

離婚の原因
才女の衝撃的告白があったことは、前回の記事に書いた通りよ。
夫婦関係の修復はうまくいっているものとばかり思って
いたけれど、そうじゃなかったのね。
40代になり、子供を持つことを真剣に考えていた
ダンナさん。
一方、夫婦ふたりで今まで通り余裕のある暮らしを
しながら、仕事の成功を人生の目標の1つにしている
才女。
歩み寄れるようでいて、夫婦ふたりの主張は真逆の方向に
向かってしまったのね。

でも、離婚を決定的にした原因はそのことじゃ
なかったの。


続きを読む

テーマ : 夫婦生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

才女の選択
2011年の3月11日の午後、才女は仕事で上海に
行くため成田空港にいたわ。
自分から希望した海外転勤の夢を叶え、目の前にある
輝かしい未来に心躍らせていたまさにその時よ。
そう、東日本大震災・・・。

そのときのことはブログに書いてございますので、
お時間のある方は下の記事をお読みになって下さいね。


眠り

そのドアが開いたとき

月島 もんじゃを食べながら





子供や仕事のことで意見が衝突したけど、お互いが
お互いを必要としている。



だから、

夫婦としてやり直したい。



そう言えば、去年の夏、身も心も疲れ果ててしまった
才女が、その専門の病院に入院したとき、見舞いに
訪れたあたくしにそんな風に言っていたっけ。



続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
数十回のお見合いパーティーではいつも相手にされず、友達の紹介ではフラれる地味で内気なオンナ。東京の端の狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。好きなお惣菜は豚の角煮、ザーサイとバラ肉の炒め物、タン塩レモンサラダ。楽しみはお風呂で「翼を下さい」を歌うこと。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになり、お付き合いに発展する快挙↑。だがあえなく破局↓。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。そんな時に長年働いた派遣先からの契約終了を告げられる。同時に過去の真面目な働きぶりが認められ転職に成功。現在は別な会社の契約社員。
人生の目標は結婚。貧乏でもいい、愛し愛される結婚がどうしてもしたい。結婚できたらどんな困難も乗り越えてみせるわ。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指してジタバタするオンナでございます。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック