オンナ独身いつか嫁ぐその日まで★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 2010年04月07日
FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<03  2010/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
じゃかじゃかじゃか
「それでね、彼がね、ラナンちゃん」

才女は一呼吸置いて続けたわ。


「ラナンさんとは金銭感覚が違うと思う」

そんな風に言ってるんだけど。



TVから勝間和代さんの声が聞こえていたわ。

「諸外国では、結婚したからと言って女性が仕事か家庭かを
選ばなくてはならないことはないんですよ。
両方手にすることができるんです」
ですって。



金銭感覚・・・?
あたくしは才女にどういうことか尋ねたわ。


「テンポラリーな仕事でステップアップは望めないにも
かかわらず、給料をもらっただけ使っちゃう。
それがリターンのあるものならわかるけど、そうじゃない。
自分のお金だから悪くはない。
ライフスタイルは人それぞれだ。
ただ、僕とは合わない。
彼女とは先を見据えた付き合いは難しい」


確かに、派遣の少ないお給料なのに、自炊はほとんど
しなくて、楽しみは買い食い・・・。
ってことを獅子舞の後に話したわよーーー。
ビール飲みながら、気取ることなくしゃべったわ。
きっとそのときのことね・・・。
「閉店間際に安く買うんですぅー」って言ったのよ。
お買い物上手な経済的な女をアピールしたつもりだったの。
不経済的な女をアピールしちゃった?

才女にお礼を言い、電話を切ったわ。

画面の向こう側に勝間さん、工藤静香、hitomiが椅子に
座っている。
両方を手にした女たち。
画面のこちら側には何も持っていない女がひとり
お総菜パックの前で片肘ついてるわ。
選ぶもなにも、選択肢がないのよ。

電話を切って、
半額だったお総菜を片肘ついて食べ続けたわ。


選ぶこともできず、選ばれることもない女は、翌日の
夜の分までゆうにありそうな量のお総菜、それが
無くなるまでひたすら食べ続けたのよ・・・。


人気ブログランキングへ


オンナ独身41才、リターンならあるわよ、おなか周りにね。
こんなんなら、今日のブログのタイトル一度言わせるんだったわ。

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
数十回のお見合いパーティーではいつも相手にされず、友達の紹介ではフラれる地味で内気なオンナ。東京の端の狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。好きなお惣菜は豚の角煮、ザーサイとバラ肉の炒め物、タン塩レモンサラダ。楽しみはお風呂で「翼を下さい」を歌うこと。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになり、お付き合いに発展する快挙↑。だがあえなく破局↓。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。そんな時に長年働いた派遣先からの契約終了を告げられる。同時に過去の真面目な働きぶりが認められ転職に成功。現在は別な会社の契約社員。
人生の目標は結婚。貧乏でもいい、愛し愛される結婚がどうしてもしたい。結婚できたらどんな困難も乗り越えてみせるわ。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指してジタバタするオンナでございます。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック