オンナ独身いつか嫁ぐその日まで★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 2010年06月01日
FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<05  2010/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
副部長との秘密
今の派遣のお仕事も残り1カ月を切った今日の午後、
副部長から第3会議室に来るように言われましたの。

副部長は40代前半の物腰の柔らかい男性。
長身で、スポーツマン。
上司や部下からは慕われて、派遣からの信頼もある方よ。
日々の仕事ぶりやお人柄を見ていると、慕われるのも納得の
人格者なのよ。
イメージ的には俳優の榎木孝明さんかしら。



第3会議室に入ると、副部長はあたくしを奥の席に座る
よう促したわ。
あたくしが座るとすぐ、彼は少し小声で本題を切りだしたの。

「ラナンさんにちょっと個人的なことをお聞きするんだけど・・・。

えっと・・・ラナンさんは恋人いるの?




副部長のまっすぐで、熱い眼差し・・・。


榎木副部長・・・?」

あたくしは、何を聞かれてるのかすぐに理解できなかったわ。
正確には、榎木副部長が言わんとしていることが飲み込めず
それを考えようとする一瞬の間、テーブルの上に置かれた
榎木副部長の手に視線を落としたの。

どう答えたらいいの・・・。



あたくしは戸惑って、目に入った彼の左手薬指に鈍く光る
プラチナを見つめるばかりだったわ。
長い時間に感じたけど、実際はほんの3~4秒くらいだった
はずよ・・・。
何も言わないあたくしから目を離さないまま、副部長はゆっくりと
椅子から立ち上がり、テーブルに沿うように周って、あたくしの
目の前まで来たわ。


「ラナンさん・・・」



続きを読む

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
数十回のお見合いパーティーではいつも相手にされず、友達の紹介ではフラれる地味で内気なオンナ。東京の端の狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。好きなお惣菜は豚の角煮、ザーサイとバラ肉の炒め物、タン塩レモンサラダ。楽しみはお風呂で「翼を下さい」を歌うこと。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになり、お付き合いに発展する快挙↑。だがあえなく破局↓。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。そんな時に長年働いた派遣先からの契約終了を告げられる。同時に過去の真面目な働きぶりが認められ転職に成功。現在は別な会社の契約社員。
人生の目標は結婚。貧乏でもいい、愛し愛される結婚がどうしてもしたい。結婚できたらどんな困難も乗り越えてみせるわ。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指してジタバタするオンナでございます。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック