オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 2013年07月

*All archives* |  *Admin*

<<06  2013/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
5階
お昼においしくてボリューミーなとんかつを食べ、
会社に戻る途中、公園で峰さんとすれ違ったあたくしたち。
後ろをちらりと振り返るようなそぶりのあと、だん吉奥さんが
話し始めたわ。


「あの人・・・

新婚さんって知ってた?


え!?
そうなの?
結婚したのって最近なの?

「4ヶ月くらい前だったかな、もうちょっと前かもー。」

本当に新婚さんじゃありませんの・・・。
とんだ空回りをしていた自分にまたもや腹が立ち、
その腹立たしさの矛先は峰さんへと向かったわ。

結婚したばっかりなのに、派遣の人とも付き合ってるの?
ひどい人じゃない。


「ん?なにそれ?」


よくコピー室で見かける、かわいくて若くて、足の
きれいな人。
峰さんの出張に合わせて休んで、浜松拠点とかに付いて
行くって派遣の人たちが話しているのを聞いたよ。

「あ?」

だん吉奥さんは一瞬まったくわからないって顔をしたけど、
すぐにあたくしの言ったことの意味に気がついたわ。


「そっちじゃなくて。
って言うか、それも違うけど・・・」

え?

続きを読む

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック