オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 2013年12月

*All archives* |  *Admin*

<<11  2013/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
地下鉄を見逃すほどの・・・
アルバイト先の社員の白鳥さんに誘われ、
あたくしは会社から歩いて10分くらいの
やきとり屋に行きましたの。
そこで思いがけないことがありましたのよ・・・。

やきとり屋にいたのは2時間くらいだったわ。
JRの駅前で白鳥さんと別れ、地下鉄に
向かって歩き出したのだけれど、あたくしは
やきとり屋でのことのせいでボーっとして
していたみたい。
地下鉄の入口を見逃してしまったほどよ。

地下鉄のホームで缶の紅茶を買い、一息つき、
数少ない友達のひとり、「才女」にメールを
しましたの。
メールや電話じゃなく、すぐにでも会って
そのことを話したかったわ。

才女からの返事はあたくしが練馬のアパートに
帰りつく頃届いたわ。
お互いの都合ですぐにでもってわけにはいかず、
ちょうど1週間後の金曜日、仕事帰りに会う
約束をしましたの。

それどういうこと?

あたくしと違っていろんな経験をしてきている
才女は冷静だったわ。
そんな才女に、あたくしは白鳥さんにやきとり屋に
誘われたときのことから、お店でのことまでを
順に話したの。

それどういうこと?
才女が言った通りのことを、あたくしも
やきとり屋で白鳥さんに言いましたわ。

それはどういうことなんですか?って。


続きを読む

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック