オンナ独身いつか嫁ぐその日まで★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 2016年11月
FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<10  2016/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
ある日の午後のお話
記憶も失せそうなほど前のこと、ある日の午後、
あたくしは派遣先の会社の榎木部長から、2F会議室に
呼び出されましたの。

榎木部長は、見た目ずんぐりで頭の毛は薄っすらと
しかかっているけれど、上司としては信頼できる方よ。
会議室に行ってみると、榎木部長の他に女性の副主任が
すでにあたくしを待っていたわ。
副主任は多分30歳そこそこだから、あたくしよりずっと
若いの。
はっきりとした話し方をするきりっとした顔立ちの
美人さんよ。
仕事以外で話をしたことはないけれど、旦那様は銀行マンで、
上智大学の先輩だってこと、あたくしと同じ派遣社員の
『だん吉奥さん』からずっと前に聞いて知っているのよ。

最近仕事はどうですか?
なんて、質問ではないような質問をされて、少し話したあと
榎木部長が切り出したわ。

「それでラナンさん、ちょっと個人的なことも含めて
お聞きしたいことがあって来ていただいたんですよ」

あたくしの顔が一瞬にしてこわばったみたい。
美人副主任が口を挟んだわ。

「そんなぁ、個人的ってほどのことじゃありませんよ。
部長、ラナンさん緊張しちゃうじゃないですかーーー」

砕けた口調にあたくしも2人に合わせて笑ってみたものの、
心の中は笑うどころじゃありませんでしたのよ。
真っ先に頭に浮かんだあの言葉。
数年前にも危機はあったけれど、でもなんとか免れた
あの言葉・・・。

そう、

それは・・・


続きを読む

テーマ : 今日の独り言
ジャンル : 独身・フリー

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
数十回のお見合いパーティーではいつも相手にされず、友達の紹介ではフラれる地味で内気なオンナ。東京の端の狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。好きなお惣菜は豚の角煮、ザーサイとバラ肉の炒め物、タン塩レモンサラダ。楽しみはお風呂で「翼を下さい」を歌うこと。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになり、お付き合いに発展する快挙↑。だがあえなく破局↓。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。そんな時に長年働いた派遣先からの契約終了を告げられる。同時に過去の真面目な働きぶりが認められ転職に成功。現在は別な会社の契約社員。
人生の目標は結婚。貧乏でもいい、愛し愛される結婚がどうしてもしたい。結婚できたらどんな困難も乗り越えてみせるわ。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指してジタバタするオンナでございます。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック