オンナ独身いつか嫁ぐその日まで★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 2018年01月03日
FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<12  2018/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
未来

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


年末から帰省し、2日夜に東京へ戻ってまいりましたわ。
実家ではいつも以上に何も起こらず、のんびりと時間が
過ぎていくだけでございましたのよ。

妹も同じ日に帰って来て、久しぶりにゆっくりと
話をしましたわ。
内容は、妹の仕事や好きな人の話、あたくしが仕事を
辞めた経緯などで、その他はたわいもない世間話が
ほとんどよ。
実家に帰って来ても、いつもあちこちからお声がかかり、
いそいそと出かけることが多い妹ですが、今回は大みそかの
昼間に出掛けただけで、年末年始のほとんどの時間を
家で過ごしましたの。
母も、「珍しいじゃないの」とうれしそうに言っておりましたわ。
昭和のお正月ね。

妹とは、年は近いのですが似たところがまったくありませんの。
子供の頃から人懐っこくて人気者だった妹。
友達が多く、成績もトップクラスではないもののそこそこ良く、
学校では生徒会の役員に選ばれ、地域では子供会のリーダー
だった妹。
一方、勉強は中の下、運度は下の下、いつも伏せ目がちで、
生徒会役員や学級委員になるどころか、クラスの子たちから
忘れられるくらい存在感がなく、当然友達もいなく、ほとんど
独りで過ごしていた姉のあたくし。

そんな全然似ていない姉妹でも、仲は良かったの。
2人でよく一緒に遊んだものよ。
実家に帰ってタンスに貼られたシールや、壁の小さな落書きを
見るたび子供の頃を思い出すわ・・・。

東京にほど近いとは言っても、実家の夜は深いの。
妹が寝入ったあと、窓ごしに外を見ると、心にふと
夜空ノムコウが浮かんだわ。

いつだってその場で足踏みなんてしていない。
満足していたとしても、更にどこかへ向かって進もうと
している。
今も・・・。
妹のその行動力を、いいな、うらやましいなって
心から思うわ。

信じてこれたのね、自分を


人気ブログランキング

続きを読む

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
数十回のお見合いパーティーではいつも相手にされず、友達の紹介ではフラれる地味で内気なオンナ。東京の端の狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。好きなお惣菜は豚の角煮、ザーサイとバラ肉の炒め物、タン塩レモンサラダ。楽しみはお風呂で「翼を下さい」を歌うこと。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになり、お付き合いに発展する快挙↑。だがあえなく破局↓。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。そんな時に長年働いた派遣先からの契約終了を告げられる。同時に過去の真面目な働きぶりが認められ転職に成功。現在は別な会社の契約社員。
人生の目標は結婚。貧乏でもいい、愛し愛される結婚がどうしてもしたい。結婚できたらどんな困難も乗り越えてみせるわ。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指してジタバタするオンナでございます。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック