オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 夏の衝撃 その1

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
夏の衝撃 その1
夏が来れば思い出すーーー♪

あたくしの夏の思い出は、合唱クラブの夏練習。
夏休みなのに、毎朝学校に通って歌を歌ったわ。
合言葉は「サンレモに行こう!」よ。
あの頃、アメリカのサンレモで合唱のコンクールが
開かれていたらしいの。
そこに生徒を出場させるのが合唱クラブの顧問である
安藤美智子先生の夢だったのよ・・・。

安藤先生はピアノを弾きながら歌ったわ。

遥かな尾瀬ーーー♪

この曲を聞くと、当時の無邪気なあたくしが瞼に浮かぶの。
合唱の朝練、友達とのおしゃべり、プールの匂い・・・。
まさか40才過ぎても一人身だなんてあの頃のあたくしは
思ってもいなかったでしょうね。

遠い空ーーー♪

結婚し、子供を産んで、自転車に乗って「スーパー倉田」に
大根を買いに行く、そんな普通のオバサンになるんだと
疑わなかったはず。
それは、決してつまらない生き方ではなく、むしろ幸せな
人生であり、充実した日々であることを信じていたあの頃。
サンレモなんて所がどこにあるかも知らなかったあの頃・・・。


子供の頃に描いていた人生とはまったく違う生き方をして
いるあたくしが、この日曜日に出かけたのは銀座よ。
数少ないお友達、その名は才女がピアノのコンサートに
誘ってくれたの。
ダンナが行くはずだったのに行けなくなったんですって。
そのことについてはコチラをお読みくださいね。

あたくし全然ピアノの曲はわからないので、コンサート中
少し眠り掛けましたが、途中この曲が挟まったおかげで
持ち直しましたわ。

小さなホールで眠たい演奏、いいえ、癒される演奏を
聞いたあと、あたくしたちは日産ショールームの裏手の
ほとんどお客がいないうどん屋に入ったわ。


うどん屋で向かい合って座ったあたくしたち。

そこで才女の口を見ると・・・


前歯が2本無かったの。




じゃなくて!

人気ブログランキングへ

意味のわからない方は前々回の日記前回の日記
お読み下さいね。


歯ナシの話はもう終わったの!
やや強引だったわ

うどん屋で向かい合って座った才女の口から、驚きの事実が
語られたのよ・・・。

つづく

オンナ独身41才、獅子舞もびっくり


テーマ : ブログ
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック