オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 始動

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
始動
美しくなるにはどうしたらいいのかしら。



会社の書庫倉庫で、ファイル整理をしながらぼんやりと考えて
いた折りも折り。

仕事帰りに・・・


横切った駅ビルで、靴のセールのチラシを受け取ったのよ。

あたくし思い出したわ。
オシャレは足元からって、誰かが言ってたこと・・・。

靴のセールは駅ビルの催事場で行われていたわ。
エレベータが7Fまで上がり、扉が開いたその瞬間、催事場で
あたくしが見た光景!

それは、通勤途中にあの人もきれい、この人もきれい、そう
思った女たちと同じような、きれいで若い女たちが
もの凄い勢いで靴に掴みかかる姿だったわ・・・。

ええ、実際は掴みかかってたわけではございません。
でも、そう見えちゃったんですもの・・・。
それはもう恐ろしいくらいの気迫と熱気でしたわよ!!!


みんな無表情で靴を選んでは試着し、また選んでは試着し、
鏡の前で行ったり来たり。
履いた靴が気に入れば、店員から受け取った大きな透明の袋に
放り込むの。
時間がもったいないのか、面倒くさいのかわからないけれど、
気に入らなかった靴を元の場所に戻さず、その場に置きっぱなしに
している人たちもいたわ。
みんな自分に似合う靴を探すのに必死・・・。
美しく見られたい、もしくは似合う靴を少しでも安く買いたい
女たちを目の当たりにしたあたくし。

世の女たちは、なんて貪欲なのでしょう。

そして、これほどまでに女を美に走らせるものは
なんなのでしょう。

あたくしはと言うと・・・

ふつふつ・・・。


音が聞こえたの。



ふつふつふつ・・・。

それはマグマの音。
そうよ!

あたくしの中の女のマグマが動き始めたのよ!!!
目の下のクマなら前からあるけど

人気ブログランキングへ

1時間後、透明な袋の中に靴を数足入れ、疲れ果てた顔を
しながら、長いレジの列に並ぶあたくしがいましたわ。
美しい人ってこんな試練を乗り越えているのかしら。
あたくし美しくなる前にくたくたよ・・・。

オンナ独身41才、足がむくんで買った靴が入らないったら!


日本最大お見合いパーティーといえば、エクシオ

テーマ : 独身女性の苦労
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
ちょっと気になる人が出来ると、オシャレにも気がいくんですよね☆
今まで着た事無い色の服買っちゃったりとか(笑)
そんな頑張ってるラナンさん かわいすぎます!(笑)
でも、なんと言っても男の人が求めるのは素敵な服よりも 清潔感が一番!らしいですよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
チャ~ボウさんへ
そう言えば、恋の色パステルピンクに目がいきます!
先日、危なく池袋のギャル服の店でパステルピンクのニットを買いそうに
なりましたが、ぐっとこらえましたわ。
恋するアラフォーには危険な色でございます。
11/06の鍵コメ Dさんへ
ゲルマニウムのローラーって流行ってますか?
最近、本屋さんにまで売ってるのが不思議でございます。
池袋と練馬だけかしら。

Dさんにゲルマの成果が出たらあたくしもやりますわ!
ぜひご報告をーーー。
11/06の鍵コメ Uさんへ
コメントありがとうございます。
Uさんもあたくしと同じ境遇なのですね。
心強いですわ!
メル友になっちゃった方と、一発逆転を狙うのはどうかしらーーー???
もぉあの手この手で身も心もぐるぐる巻きにしちゃって・・・。

なんて、そんなテクがあったらとっくに結婚してますわよね。
ええ、あたくしも人のことはあれこれ言いますが、自分のこととなると
ショボーーーンでございます。
今は寿司の紳士を逃さないように頑張りますわ。
No title
気に入らなかった靴が散らばっている光景が、
キャバクラの営業後の更衣室と重なってしまう。

あっ失礼、酔っ払って投げ出した靴と
必要のない靴を置いておくのを一緒にしちゃいけませんね。
プチホスさんへ
キャバクラの更衣室なんて、さぞ華やかなんでしょうねーーー。
綺麗に生まれた方が羨ましいです。
一度でいいから美しさを武器にしたお仕事がしてみたいですわ。
生まれ変わらなくちゃ無理・・・。
あーーー、100回生まれ変わっても無理でございます。
プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック