オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 甘いおしるこ

*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘いおしるこ
前回のビストロデートでは、勝負下着こそ出番が
なかったけれど、寿司の紳士との第一段階をみごと
クリアしたあたくし。
そのときのことを思い出すと全身の血が頭に上って
来ちゃいますの。
この土日なんて、何度も何度も血が上ってきたもの
だから、そのたびに使い古した枕に手足を絡めて
ジタバタもがいておりましたわ。
枕相手にひとりあはーん

そうそう、今度は土曜日におデートでございますのよ!
お天気が良ければ、どこか広々とした公園を散歩しようか
って相談中ですのよー。

「どうせならラナンさんが行ったことのないところに
行ってみましょう」

ですって。
優しいのね・・・。

二人は草木の手入れが行きとどいた公園を並んで歩くの。
カップルのお散歩と言えば、季節は冬。
白い息が青い空にベストマッチングなのよーーー。
背の高い寿司の紳士が少しかがむようにして、あたくしの
顔を覗き込むわ。
そして微笑むの。
あたくしはそれに応えるように、彼の腕に手を絡めるんだわ。
すると寿司の紳士はこう言うの。

「寒くない?大丈夫?」



あたくしはこう答えるわ。
少し寒いわ。
でも大丈夫よ。



優しい寿司の紳士はあたくしへの気遣いと、ちょっとした
本能でこう言うのよ。




「どこかで暖まろうか・・・」

 

 

 

どこかで?

暖まる・・・?





それは




つまり・・・




こんどこそ




勝負下着の出番だわーーー!!!
クリームイエローの憎い奴!!!
オレンジ色の憎い奴をパクってみたわ


人気ブログランキングへ


ってな展開をあたくしが妄想してると思ったわね、そこの
あたくしのブログの読者さまたち!


その期待を裏切って寿司の紳士は言うの。

「甘味処でおしるこなんてどうかな」


寿司の紳士は、そんな簡単に誘うような方じゃなさそうな
気がしますわ。
多分・・・。
誘ってくれてもいいのよ


オンナ独身41才、おしるこより甘い時間を過ごすのはいつ。
あたくしの頭がおしるこ状態?

弊社自慢の個室お見合いパーティー!

パートナーエージェント

SNSなら【テンプテーション】


テーマ : 今日思った事
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
ラナンさん。はじめまして。
いつもラナンさんのブログを楽しく読ませていただいて、素敵なお人だなと思っていました。
私もラナンさんと同年代独娘でございまして、遅ればせながら、(非常に遅れておりますが(*^_^*))
最近になってやっと婚活デビューを果たしました。(まだ、何もないです・・)

寿司の紳士様と出会えて本当に良かったですね。
ラナンさんのお人柄ゆえに素敵なお方と御縁があったのですね。
地方から応援しております!
まめうさぎさんへ
はじめまして。
あたくしのどうしょうもない婚活ブログを読んでくださって、
ありがとうございます。
その上、そんなに褒めていただいて首がむず痒くなってしまいますわ^^

寿司の紳士は、あたくしみたいに何の取り柄もない地味な女には
もったいない方。
他の人を選べるのにどうして?って思いますのよ。
でもこれが縁というものなのかなあ、とも・・・。
まめうさぎさんも婚活を始められたのですね。
良い方と巡り会われますようにーーー。
甘~い!(≧∇≦)
そんなステキな妄想ができるほどのステキな方なのねー寿司の紳士って。
猫撫は1度もオットセイでモーソーした事ないですう。(^^;)

でも実際は「次の段階」はどんな誘い方してくれるんでしょうか。
わくわくですー。(^O^)
No title
キスしてその後のデートで…
というのはよくあるパターンでしょうが、
そこは紳士ですからもう少し時間をかけるのでしょうかね。
猫撫の姐さんへ
寿司の紳士は素敵な方ですが、なんだかまだ現実的ではありませんの・・・。
どうしてこんな素敵な人があたくしなんかと???って感じで、どこか
別世界にいる人のような気がしてしまうのでございます。
だから妄想に走っちゃうのかもしれませんわ。
プチホスさんへ
やはり!
キスのあとのデートは勝負下着の出番が定番ってことなのですね!!!
いつでもOKな体制を整えておきますわーーー。
プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。