オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 変化?

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
変化?
今までのあたくしは、外見は地味に、人間関係には
薄く生きてきましたの。
一人暮らしの派遣社員なので、金銭的なこともあり
ましたが、そうやってひっそりと生きていれば、
わずらわしい人間関係に関わることなく、自分ペースで
楽にいられるからよ。

人気ブログランキングへ


与えられた仕事を可もなく不可もなくこなし、
生活できるくらいのお給料をもらい、
休日はのんびりTVを見ながら、買ってきたお惣菜を
食べ、アパートでひとり掃除や洗濯をして過ごすの。
気が向いたら池袋まで出かけることもあるわ。
流行の服を買ったところで似あわないし、そもそも余分な
お金は持ってないので、たいていウィンドショッピングよ。
それでも楽しいわ。
気分転換には充分になるもの・・・。


こんなあたくしの生活に、飛びぬけて楽しい出来事は
起こらないわ。
淡々とした日々よ。
人から見ればつまらない生き方だけど、あたくし自身は
納得していたわ。
こんな生き方が地味な自分には一番合っているって。

でも婚活を始めてから、更にここ数カ月のあたくしは、
何年も続けて来たそんな生活に物足りなさを感じているわ。



38才独身女や道行く華やかな女たちの身の上には
あたくしの知らない楽しいことが起きているのかも。

同じ生きていくなら、そっちの行き方も見てみたい・・・。

今の自分には満足できななくなっているのかも。
狭いアパートでちゃぶ台に頬杖をつき、とりとめもなく
そんなことを考えていたわ・・・。


目の前の窓を開けたら、何が見えるのかしら。


オンナ独身41才、幸せ?って聞かれたら?


その一歩が、全てを変える!

★話題の"婚活"、もう始めてる???

エキサイト恋愛結婚ならネットですぐ入会OK!(登録無料!)










テーマ : 今日思った事
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

がんばって!
目の前の扉、開けてみましょう!自分の求めている場所ではなかったら、また閉じることもできるよ。見といて損はないと私は思います。
お寿司の紳士のことでいろいろ悩んでるんですよね。先ずは、不安ごと受け止めてくれる人かどうか、確かめてみましょうよ、その上で、彼が無職になる(転職する)ことを受け止められ、この人にかけてみようと思ったらゴーゴー!
悩んで当たり前です
ラナンさんの今までは、今現在の私です。
だから、ブログに共感してしまいます。
40歳にもなれば、若い頃のようにイケイケドンドンではいられず…
守りの考えが脳裏をよぎるのは、当たり前です。
でも。
今、チャンスの巡ってきた今、一歩を踏み出さねば、次のチャンスはあるのか?
実は私も、現状打破に迷っています。
勢いや適当で、結論は出せません。お互い、しっかり悩みましょう。
No title
はじめまして
私は再婚2年の幸せ主婦です。
最初の結婚は二児をもうけましたが、DVで離婚しました。
子どもが成人後に婚活して夫と出会えました。
そろそろ1人生活もつまらなくないですか?
お付き合い、結婚してみるのもいいですよ。
失敗したら離婚するだけです。
何も失うものはありませんよ。
経験が増えるんですから・・・
何にも挑戦してないと、人生後で後悔するかもしれませんよ?
がんばってください♪



tomokoさんへ
お返事が遅くなってすみません。
今まで変化のない生活を送ってきたせいか、扉を開けるのが怖いのかも
しれませんわ・・・。
あたくし臆病者。
恋は自分の新たな面を浮き彫りにするものでもありますのね。
紗羅さんへ
あたくしの今まで・・・。
今思えば、淡々と味気ない毎日でしたわ。
若いころですら、イケイケドンドンの経験はまるっきりありませんわ・・・。

でも、40歳過ぎて小さなきっかけがあたくしを少しだけ前進させて
くれたみたいでございます。
きっと、人生が変わることってちょっとしたことなのでしょうね。
46歳女さんへ
苦労されたんですね・・・。
コメントを読んで、46歳女さんは幸せになるべき人だと思いました。
そして心から嬉しくなりましたわ。

確かにあたくし失うものなんてありません・・・。
失敗して魂まで奪われるのではないかと、及び腰になっていましたわ。
46歳女さんのこのコメントで勇気がわいてまいりました。
この世に太陽がある限りあたくしの幸せもあると信じ、飛んでみますわ!
(少し意味不明?)
プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック