オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 続報

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
続報
以前、あたくしが友達の才女に紹介された男性、彼の名は
アンガールズ田中」。
その名の通りアンガールズの田中にそっくりなの。
見かけに寄らず仕事はできるんだそうよ。
それに友達も多くて、面倒見もいいみたいで、職場での
信頼は厚いらしいわ。

見た目はイマイチでも中身が良ければいい・・・。
そう思って前向きな気持ちでいたところ、足元を
すくわれるようにして振られたあたくし。
付き合ってたわけじゃないもの・・・。
痛手なんて負わなかったわ。


でも、すぐに彼はが結婚相談所でお相手を見つけ、
早々に結婚を決めたと聞いたときは、なんとなしに胸が
ざわついたものよ。

そんなあたくしにも今は「寿司の紳士」という彼氏
でき、アンガールズの田中のことはすっかり忘れていた
けれど、才女からの1通のメールで再び気になっていたのよ。
野次馬根性

そのことはコチラの日記でお読み下さいね。

もんじゃ焼のお店で、あたくしはできるだけさりげなく、
まるでふと思い出したかのように、アンガールズ田中
ことを聞いてみたわ。

そう言えば、アンガ田中さんって離婚したのよね、って。


才女は言ったわ。

あぁ、そうそう、アンガ田中さんね。
奥さん臨月なのに何で今なわけ?ってみんなで
言ってたんだ。


実は結婚する前からもいろいろあったみたい・・・。

でもデキちゃって。

責任があるからってことで、最初からハッピーな結婚
じゃなかったみたいだよ。

赤ちゃんが生まれたあと、

両家交えて話し合いをして、

やっぱり



 離 婚 


  

   


しないことになったんだってさ。 
 


 人気ブログランキングへ



あとは離婚届を出すだけってときに、奥さんが実家で
破水して病院に運ばれ、アンガ田中も一応は呼ばれたそうで。
赤ちゃんは割とすぐ生まれ、彼も抱かせてもらったんだって。
もともとアンガ田中は子供を欲しがってたのもあったし
心境の変化があったのかもしれないね。

結局、奥さんのご両親と赤ちゃんが仲を取り持つような
形で、もう一度やりなおそうってことにしたらしいよ。



才女が話をしている間、あたくしは何度も何度も
ウーロン茶を口に運んでいたの。
テーブルにグラスを置くと、カランと氷の音がしたわ。

そうなんだー。
よかったよね。

奥さんは相当わがままな人って聞いたけど、それは
アンガ田中の言い分だからわからないよね、ですって。
評価してる後輩のことだけど、だからと言って彼を
かばうこともなく、才女はただ淡々と教えてくれたの。


「交際期間が短かったから、お互いのことがわかって
なかったのかな」


そう言ったあたくしに、才女は言ったわ。

長く一緒にいたってわかんないものだよ。

ですって。
才女、結婚18年目。


オンナ独身41才、結婚しても相手のことはわからない。
結婚についての結論?

その一歩が、全てを変える!


安心・安全・リーズナブル!オルタナで素敵な出会いを







テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

いろいろって……?(^_^;
短期間で結婚したのに、その短い間に「いろいろ」あったとは……?(・_・;

でもそんなごたごたがあったら、やり直しても長続きはしないような気がします。

てか、ラナンさんを失礼な理由で振ったあげく、アンガ田中のくせに美人を希望するようなヤツなんか、幸せになってほしくなーい!(`□´)
No title
これで結婚がゴールじゃない
ってことがハッキリしましたね(笑)

人生って長いですから、気長に行きましょう。
猫撫姐さんへ
短期間のお付き合いで、お互いいいところしか見せ合ってなくて
いざ結婚してみたら違う部分が・・・なのかもしれませんわね。

美人だっておならは臭いってことですわよーーー。
プチホスさんへ
アンガールズ田中は夢から覚めましたのね。
などと、人のことを言ってますが、あたくしも結婚はゴールだと
ちょっと思ってたりして・・・アラフォードリーマー。

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック