オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 悟ったわけなのよ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
悟ったわけなのよ







寿司の紳士と結婚いたしました。










なーーーんちゃって

本当は・・・


寿司の紳士と結婚できませんでした。
ちーん








なぜかというと・・・







彼は




   ●  ●  ポ   でした。






って、くらい明確な理由だったら、このブログ
にもすぐ書くことができたのに・・・。




少しの間だったけど、こんなつまんない女に夢を
見させてくれた寿司の紳士にはあたくしとっても
感謝していますのよ。
感謝と言うにはきれいごと過ぎますが、彼と
出会えてよかったわ。
婚活パーティーであたくしを選んでくれ、デートに
連れ出してくれ、アンガールズ田中からの呪縛から
救ってくれたもの。
食べたことのないフランス料理だって食べさせて
くれたし、数年ぶりにアワビだって食べたのよ。
さらりとながして




「あー、こっちがアツコの」




彼はそう言って、ぷつりと会話を止めたの。


レンタカーを借りてのドライブが事の始まり
だったわ。
いえ、この場合、事の終わりと言った方がいいの
かしら。
ドライブの途中の休憩で、彼が缶コーヒーと紅茶を
買い、そのうちのコーヒーの方をあたくしに手渡して
くれたときのことだったわ。
寿司の紳士は、間違った方の飲み物をあたくしに
渡したけれど、彼の本当の間違いはそんなこと
じゃなかったの。

彼の口から咄嗟に出たのは、

「こっちが○○子(あたくしの本名)の」
(佳代子)とお呼び
でもなく、

「こっちがラナンの」

でも、もちろんなく、


「こっちがアツコの」


だったわ・・・。



それから無言のまま飲み物を交換して、あたくしは
今まで飲んだこともないくらいまずい缶の紅茶を
ほんの数口だけ飲んだのよ。

ドライブ中、あたくしのよく回らない頭の中は、

アツコがいったい誰なのか


より、


ドライブなんて何が楽しいのかわからない

ってことだったわ。


アツコが誰だかわからないまま、あたくしたちは毎日
1往復か2往復のメールを交換し、週に1回のペースで
会い続けたわ。
それまでと何も変わることなく・・・。
だって、もしアツコが誰なのかを問いただしたら、
もし今までのペースを少しでも崩したら、寿司の紳士は
あたくしから離れていってしまう気がしたんですもの。


でも、ある時なんの前触れもなく、
ふと確信したの。

何かが起こったわけじゃなく、ただわかったの。


もう・・・








もう




あたくしたちは




とっくに








終わってる






ってことが。





いいえ、少し違うかもしれないわね。





彼の心はここにない





これが正しい言い方・・・。



婚活 ブログランキングへ


その確信の翌日と翌々日、彼から来たメールに返信する
ことができなかったわ。

彼からは2~3日空けて、最後の1通が届き、そこには
仕事のちょっとした話と、ふたりでよく行った近所の
洋食屋が閉店することだけが書かれていたわ。

あたくしは、泣きながら長々とした返信メールを
何度も何度も書き直しては、その度に未送信ボックスに
保存したの。
勇気を出して、送信ボタンを押したのは、翌日の夜中の
2時半。

彼からの連絡はもう来ないってわかっていたけど、
正直、薄っすらとした期待もあったわ・・・。




結局、彼から連絡が来ることはなかったわ。

でも!!!
あたくしの立ち直りはとても早かったのよ。

なぜかって?
その理由はまた後日。


オンナ独身42歳、愛の婚活ジタバタ協奏曲はまだ続く




業界唯一の上場企業ツヴァイがプロデュース【クラブ チャティオ】

日本最大級の合コンセッティングサービスRush(ラッシュ)



コメントの返信はいたしませんので、ご了承くださいませ。
 ラナン

テーマ : いつまでも独身じゃいられない!
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
ちょっとだけウルっときました。
何故だか解んないけど。

でも、このままでいいのかな?
No title
突然の確信・・・ってある。

ラナンさん、メールの送信は、すっごく、勇気がいったでしょうね。
えらかったです。

幸せにまた一歩近づいたってことです。
No title
ラナンさん
頑張りましたね。
私も似たような経験があり、決断する時は辛かったです。
その後、2年ほど引きずりました。

私の場合は彼の本心に、
なんとなく、、、薄々、、、気づいていました。
気づいていないふりをしていただけです。
二人の関係が壊れてしまいそうで怖かったから。
ラナンさんと同じです。

立ち直るきっかけがあったとのこと。
何かのけっかけ、
そのきっかけがなかったとしても、
月並みですが、時間が解決してくれます。
私は少しずつ笑えるようになっていました。

ラナンさんのブログの明るさが何となく淋しく感じていました。
そうだったか~。
ちょっこと、私まで落ち込みました。

次に行くことができそうになったら、行きましょう!




管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そうだったんですね…。決心をするのは、辛かったでしょうね。第三者ながら、私も辛いです。
でも立ち直るきっかけが訪れたようで、ほっとしています。とはいえ、あまり無理はしないでくださいね!どんな形であれ、ラナンさんの幸せをお祈りしていますからね。
No title
読みながら、私もせつない気持ちになってしまいました。
その一言がなかったかのように振る舞うのは、キツかった
ですね。きっとラナンさんが送った最後のメールもやさしい
内容だったんだろうなあと思います。
ラナンさん、えらい!よくそういう関係を手放しました!

それに、なにをきっかけに、早々の立ち直りをされたのか?
新たな出会い?なんだろう?
お話楽しみにしています。

ずっと読んでました。
そうでしたか、よく頑張りましたね。
近くに住んでいたら、ラナンさんの部屋につまみとお酒を持って行き、ずっと話をしたい気持ちです。
同年代として、ラナンさんの恋愛をずっと応援していました。
でも、次がまたあります。
ラナンさん、胸を張って次に行きましょ!
ラナンさん、貴女を尊敬します。
別れは苦しくて怖いことです。
そこから逃げなかった貴女はすごい!
頑張ったぶん、これから素敵なことがありますよ。
ずっと応援しています。

プチホスさんへ
このままでいいのかどうか、あたくしにもわかりませんの。

わかったのは、人の気持ちはままならないってことですのよ。
昔の名前を忘れたわさんへ
これが女の勘ってものでしょうか・・・。
こんなあたくしでも、女の端くれだったってことですわね。
奈緒さんへ
同じような経験をなさったのですね。
2年も引きずるなんて・・・。

あたくしはなるべく彼のことを考えないように努めていますの。
でもそう考えれば考えるほど、ふと浮かんでしまいますのよ。
鍵コメYさんへ
はじめまして。
ご自身の体験を書かれたコメント、ありがとうございます。
もちろん読ませていただきましたわ。

Yさんは、その年下の男性に気に入っていただいてたご様子で、きっと
あたくしと違ってモテる女性ではないかと思いますのよ。
それにまわりにお友達がたくさんいらして、出会いもたくさん
あるのではないかと・・・。

あたくしは人見知りが激しいので、イベントなどに誘ってくれる
お仲間がいるだけで、本当にうらやましいですわ。
磯子ハナ子さんへ
あたくしの立場になって読んで下さったのですね。
ありがとうございます。
磯子ハナ子さんのコメントに、いつも勇気づけられていますわ・・・。

セプテンバーさんへ
最後に送ったメールは、彼の気持ちを確かめるような内容でしたの。
返事が来なかったのは、彼の思いやり・・・なのかどうかはわかりませんが、
真実を伝えるのは酷だと思ったのかもしれませんわね。
まんまさんへ
こんなつまらない女のブログをずっと読んで下さっていたのですね。
ありがとうございます。
あたくしも、できることならこの狭い6畳1間にお招きしたい
くらいでございますわ。

でも、ボロイアパートなので、おトイレの音も筒抜けですわよ。
ななさんへ
尊敬だなんて・・・畏れ多いですわよーーー。

確かに別れは苦しくて、怖いことでございます。
でも心ここにあらずの方と一緒にいるのは、もっと苦しいことでございました。
悲しいのはいっときのこと・・・。
そう信じて明日に向かって走りますわよーーー。
プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック