オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ あの彼からのメール

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
あの彼からのメール
前回、前々回のブログに、久しぶりにあたくしにメールを
下さった男性がいらしたことを書きましたわ。

それはいったい誰かと言うと・・・。





あたくしに久しぶりにメールを送ってきた
その男性は・・・







アンガールズ田中(クリソツNo.1!)







 う


 

       そ





残念ながらそんな展開はございませんことよーーー。


このブログをずっと前から読んで下さってる方は、
もしかしたら記憶に残ってる方もいらっしゃるかも
しれませんわね。
以前、あたくしちょっとした習い事をしたことが
ございましたの。
今回メールを下さったのは、その習い事の教室で知り
合った方でしたのよ!
そこのあなた期待はずれ?

彼とは教室で少し話をしたり、何人かの仲間と一緒に食事会を
したこともございましたの。
でも、初心者コースが終わり、作品展が終わってからは、
彼とも他の方たちとも連絡を取ることはほとんどなくなって
おりましたわ。
その後、寿司の紳士とのお付き合いがうまくいったり、
更には派遣の仕事が不安定になったりして、習い事の
ことはあたくしの中から抜け落ちておりましたの・・・。

習い事のことは ↓ の記事をお読みくださいませ。

 茹でダコとスーツ

 


でもその間、こつこつと努力や勉強や試行錯誤を続け、
その道に進むため頑張っていた方がいたわ。
メールをくださったのはそんな方よ。
焼けぼっくいに火がついた系の話しじゃなくて
ごめんなさいねーーー。

彼からのメールはこんな内容だったわ。

暑中お見舞い申し上げます。
お元気ですか?
あれから○○(習い事のこと)は続けていますか?
僕はあれから次のコースを受け、更に上のコースへ
進みました。
それから紆余曲折ありましたが、今年5月にやっと
ネットのショップをオープンされました。

その下にはショップの名前とURLが書かれていたわ。



・・・あの時のあの彼が・・・。


人気ブログランキングへ

一緒の教室で、彼はよくあたくしの後ろの席に座って
いたわ。
働いていた工場を止めてから、30歳を超えた今も
コンビニでバイトをして一人暮らしをしていると
言っていた彼。
一方あたくしは、先のわからない派遣で、安くて狭い
部屋で一人暮らし・・・。
「生活するだけでも余裕ないのに、この講座代払うと
ぎりぎり。
先のことなんか考えられないよな」
彼はあたくしにそんなことを言ってたっけ。

似たような境遇にいることから、あたくし彼に対して
勝手に親近感を感じていたわ。
それが何時の間にやらショップのオーナー!?
これが世に言う青年実業家とやら???

驚いたのと同時に、あたくしの胸の奥から
厚い感情が湧きあがってきたわ。



やったわね!


すごいじゃない!!


頑張ったわねーーー!!!



まだ人生大逆転とは言えないけど、フリーターから
大きな1歩を踏み出したであろう彼に、
会ってそう伝えたかったわ・・・。


オンナ独身42才、今日のフリーターは明日の社っ長さーん
今日の派遣は明日も派遣






会員70万人の恋愛支援サービス!真剣に恋愛するなら(18歳以上限定)


テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

人生は、上々だね
ラナンさん おはようございます。
会社へ向かう電車の中で読ませてもらいました。
「元気でたー 頑張るぞー 」こんな気持ちにしてくれる、
ラナンさんのブログ最高‼
No title
ラナン先生!

「紆余曲折」が当たったので30点でいいですか?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
林檎兄さんへ
あたくしのブログで元気になっていただけるなんて、とてもうれしく
思いますわ。
残暑厳しい日が続きますが、お身体を大切になさってくださいませ。
8/26の鍵コメCさんへ
あたくしは婚活を始めるまでは、まるっきり何もない日々を送って
おりましたのよ。
仕事だって、ずっと派遣で、単調な日々の繰り返し・・・。
週末に安売りのお惣菜とお菓子を買いこんで、TVを観ながらもそもそと
食べるのが唯一の楽しみでしたわ。
Cさんみたいにお仕事を頑張れる方は、あたくしからしたらとーーーっても
うらやましいことでございますわ。

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック