オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ あたくしの身に起こったある出来事

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
あたくしの身に起こったある出来事
遡ること数ヶ月。

あたくしは資源に関わる何とか会議の準備で
とても忙しくしていた頃のことよ。
そう書くとちょっとカッコいい感じがいたし
ますが、実際は資料の大量コピーと差し替えを
仰せつかり、コピー室でバタバタとしていた
ときのことでございます。

奥では、あたくしと同じく派遣の女性が
シュレッダーを終えて、紙ごみを片付けて
いるのが見えましたわ。
その女性は、話もしたことなくダサくて
もっさりしてるアラフォーのあたくしにも、
ちゃんと挨拶をしてくれてる
礼儀正しくて感じのいい方。
見た目も清楚だけど、華やかさもあって、
あたくしは常々「かわいらしい人だなあ」と
思っていましたの。
この日は、袖がふっくらした黄色いブラウスに
花柄のスカートで、それが華奢な彼女にとても
似合っていて、あんな服が着られたらな、なんて
うらやましく思いましたわ。
あたくしが着たら犯罪

「お先に・・・」
片づけが終わったのか、あたくしにそう声を
掛けて、彼女はコピー室から出て行きましたわ。

入れ違いに入ってきたのは、別部署の派遣2人。
名前は知らないけれど、2人ともだん吉奥さんと
仲がいいので顔は知っているわ。

「あ、あの子?」
派遣Aが小声でそう言い、派遣Bが何か答えた
ようだったけど聞き取れなかったわ。
2人は、コピー室の中にあたくしがいたことは
わかっていたはず。
いても存在感はナイ

でも関係ないと思ったのでしょうね。
資料の仕分けをしながら、一応コソコソ声では
あったけれど、話を続けたわ。

「あの出張の話し」
「毎回っておかしくない?」
「絶対一緒に行ってるよ」
会話はコピーの機械音にかき消され、途切れ途切れ
だったけれど、話の流れからだいたい繋がったわ。

どなたかの出張のとき、奥にいた黄色いブラウスの
女性が合わせたように会社を休むって。
付き合ってて出張に一緒に付いて行ってるんじゃ
ないかって。
そんなようなことだったわ。

暇な派遣の憶測を、別な派遣が小耳にはさむわ。
それがあたくし
おもしろがって誰かに話すの。
それもあたくし
誰かはまた他の誰かに話し、噂は尾ひれがついて
広まるの。
さっそくだん吉奥さんと38歳独身女に
言わなくちゃ。

心の中でクスクス笑ったわ。
つまらない派遣OL生活だって、小さいけどこうして
愉快なことがあるのねって思って・・・。

でも、派遣Aの次の言葉があたくしを一気に地獄に
突き落としたのよ。


派遣Aが言ったのは・・・

















「結婚してるのにね、





・・・峰さん






あたくしの背中にピリリと鋭い痛みが走ったわ。

それってまじやばいよ。
手近でやんなくてもよくね?
出張って浜松拠点でしょ、あそこって
台湾から戻ってきた○○さんが・・・。

それから2人の話題は浜松の人事の話に移ったわ。


あたくしは資料のコピーが終わり、1部ずつ互い違いに
積み重ねていく作業をしながら、すごくイラついて
きたわ。
それは派遣2人の妙に尻あがりな若者言葉のせい。
うそ

峰さんのことが好きなくせに、奥さんがいたこと
知らなかったなんて。
だん吉奥さんに聞こうと思えば聞けたのに、変な
見栄を張って峰さんの話題をわざと避けていたわ。


あたしバカよね


おバカさんよね

細川たかし最近TVで見ないわね

いらついたのは、派遣2人の尻上がりな若者言葉に
じゃなかったわ。
気になっているのに、何も言えない、
誰かに確かめることすらできない。
そんな自分に対してでしたわ。


注意散漫のおかげで、あたくしは資料の単純な
差し替えをミスってしまい、あとで榎本部長にきつく
注意を受けたのでございます。
まあ、注意されている最中もあたくしの頭の中は
それどころではなく、別なことで一杯でしけど・・・。
適当に空謝り

オンナ独身42才、恋も仕事も情けない42才。


恋愛・結婚 ブログランキングへ




テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

驚きー!!
ラナンさん 今晩は。
峰さんが結婚していて、しかも不倫まで、
林檎兄さんもお口あんぐり
良い人のイメージがあっただけに、裏切られた感がありますね。

林檎兄さんへ
林檎兄さん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

この話には続きがございますのよ。
ぼちぼち書きますわねーーー。
プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック