オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 白鳥さん、それって!?

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
白鳥さん、それって!?
みなさま、またまたお待たせいたしました。
だから全然待ってないって


今度こそ本当のこと
書きますわよ。




ある焼き鳥屋で白鳥さんに言われたこと、


それは・・・

































「ラナンさんのお仕事のことなんですが・・・」


はい。


「あの、えっと」


はい。





妙ーーーなこの空気、



あたくしは・・・




ずばり











派遣切りと読んだわ!!!

間違いないだろ





昼間の派遣のお仕事で、何度か派遣切りを免れてきた
あたくし。
対象になりそうなときは毎回ハラハラとしたものだったわ。
今は少し慣れっこになってしまったのは悲しいこと
だけれど、いよいよこっちでも来たか、ってくらいで
仕方がないかって思ったわ。
会社の都合であっさり切られるのは派遣の宿命ですもの。



白鳥さんは穏やかに話をつづけたわ。

そしてこう言ったのよ。








ラナンさん、昼間のお仕事をうちの会社で
やってみる気はありませんか?


って・・・






突然のことにあたくしの頭は混乱してしまいましたわ。
このあたくしにお誘いが?
だってそうでございましょ?
人より仕事ができるわけでもなく、何の取り柄もないのに?
まわりと打ち解けるのも、人間関係を築くのも苦手な
あたくしに?
なぜ???


他に白鳥さんがおっしゃったのは、
今の夜の仕事はできなくなること。
求人を出す前の前の段階であること。
内々での相談であること。
あたくしの他に声掛けしようとしている(すでにしている?)
人が2人いること。
1年更新の契約社員であること。
求人枠は1名であること。
などなど・・・。

もちろんこんなことを言われたのは生まれて初めてで、
あたくしは文字通り、頭の中が真っ白になって
しまいましたわ。
聞きたいことも思い浮かばず、白鳥さんのご説明に
頷きながら返事をするだけでございましたのよ。

オンナ独身42才、降って湧いたようなとはこのことね。
美しき日本語


婚活 ブログランキングへ

求人情報ならアルバイト・転職・派遣情報の「ワークゲート」へ




マイナビエージェント
転職なら求人情報豊富な人材紹介サービスのご利用を!専任のキャリアコンサルタントと話をすることで初めて気付く自分の価値がここにあります!









テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

ヘッドハンティングですね
ラナンさん こんにちは。
なんかもう〜凄いじゃないですか。
1年契約なら安定してるし、
是非 ラナンさんの望み結果になるよう、応援してます。
よかったですね!
(o^-')b グッ!

私の経年からですが、そういうお誘いをさせていただく方の基準って、まず何よりも「この先も一緒に仕事をしたい人かどうか」なんですよね。

よく、「人は自分が気にするほど、あんたのことなんか気にしちゃいないよ」って言いますが、仕事に関しては、「見てないようでよく見てる」の方が当たっていると思います。

何はともあれ、認められたんですね!

まずは、「おめでとう~っ」って言っていいですか?!
林檎兄さんへ
ヘッドハンティングだなんて、そんなたいそうな事ではございませんのよ。
お仕事も、部署の中での事務でございますもの。
でもあたくしなんかに声をかけていただけるなんて、本当に
ありがたいことですわ。
ややさんへ
ありがとうございます。
どうやらあたくしの生真面目さを見て下さっていた方がいらっしゃるようで
ございます。
もっと要領よくやれたらどんなにいいだろう、と思っていたのに、
評価されたのは正反対の部分でございましたわ。
ともあれ、ありがたいお話でございます。
No title
最高のお言葉じゃありませんか?
でも、色々聞いてよく考えて決断されることをお祈りします。
プチホスさんへ
人より仕事ができるわけでもなく、コミュニケーション力だって底辺のあたくしには
もったいないお言葉でございます。
こんなこと言っていただけるなんて、夢にも思っておりませんでしたわ・・・。
プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック