オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ センチメンタル・イルミネーション

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
センチメンタル・イルミネーション
いつもと違う街をひとりで歩いたわ。
駅のまわりは商業施設があり、日がまだ暮れない
夕暮れ時から、あちこちでクリスマスの
イルミネーションが、ほんのり暖かく灯っていたわ。

すっかり暗くなった時間に、来た道を駅に向かって
そのまま戻ったの。
行くときには気付かなかったけれど、道沿いには
おしゃれなレストランやカフェが並んでいたわ。
歩きながら、ガラス張りの大きな窓からお店の
中をちらっとのぞくと、カップル、女子2人、家族・・・。
楽しそうに語らい、食事をする人たちの表情が
見えましたわ。

どうしてあたくしはここにいるのかしら。

なぜ、こうなりたいと思った未来の入口にすら
たどり着けないのかしら。

イルミネーションは寒々しく、一層きれいに街を
輝かせていたわ。

オンナ独身42才、気の持ちよう?


おひとりさま ブログランキングへ

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック