オンナ独身いつか嫁ぐその日まで★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 峰さんのこと(12)
FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2020/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
峰さんのこと(12)

好きになったきっかけは、単純だったわ。
あたくしのことを
「きれいになった」って言ってくれたの。
ただそれだけよ。

正確には、
『「きれいになった」って言ってたよ』と、
人から聞いただけなのですが・・・。


あたくしが峰さんのことを好きだってこと、
だん吉奥さんはきっとわかっていたのだと
思うの。
だからこれまで余計なことは言わなかった
のね。
でもこの日は峰さんのことを何度も食い下がる
ように聞いてきたあたくしに観念したのか、
もしくは、いつもの慌ただしいランチと違い、
会社から離れた場所でのリラックスした夕食が
彼女をそうさせたのか、彼女は峰さんについて
知っていることを洗いざらい話してくれましたのよ。

峰さんは三島拠点勤務の時に派遣で来ていた
佐々木希ちゃんと大人のお付き合いをしていたこと。
佐々木希ちゃんは峰さんとお付き合いする
前は、妻子持ちの榎木部長と不倫してたってこと。
榎木部長が東京に転勤になった翌年、峰さんも
東京に戻り、そのときに佐々木希ちゃんとの仲は
きっぱり清算したはずだったこと。
なのに、佐々木希ちゃんは峰さんを諦めきれず、
彼を追いかけるように上京し、同じ会社に
派遣社員として入ってきたこと。
榎木部長も峰さんも、やましい気持ちがあるのか、
佐々木希ちゃんに対して、ずっと腫れ物に触るかの
ような扱いを続けてきたってこと・・・。

そして佐々木希ちゃんは峰さんを思うあまり、
コンプライアンスに反する行為を犯して
しまったの。
なぜそんなことをしたのかのヒアリングでは、
峰さんとの過去の関係を持ち出してきたせいで、
今回は被害者の峰さんも巻き込まれてしまったわ。
佐々木希ちゃんの直属の上司と、更にその方の
上司も管理体制に問題がなかったとは
言い切れないとかで、結構な問題に発展して
しまったんですって・・・。


峰さんと佐々木希ちゃんとのことは、
「最初は2人とも軽い気持ちだったのに、そのうち
佐々木希ちゃんが本気になっちゃったんだと
思うよ」
そんな風にだん吉奥さんは言ったわ。
「そもそも榎木部長と不倫してたのに、
有能な若いのが来たらホイホイ乗り換える
ってどうよ!?」
ですって。

それでも佐々木希ちゃん何だかかわいそう・・・。

あたくしがそう言うと、だん吉奥さんは、
「見た目はかわいいけど、ややこしい子に
ひっかかった峰君の方がかわいそうじゃん」
って言ったわ。
そしてそれに付け加えるようにこう言ったのよ。


「峰君の今の彼女だって嫌な気持ちだよね」


って。

オンナ独身43才、大人なら大事なことはおまけのように言う
子供ならグリコのキャラメル


人気ブログランキングへ

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメのDさんへ
コメントをいただき、また応援もしていただき、本当にありがとうございます。
あたくしはDさんにおっしゃっていただくほどの人柄ではございませんわ・・・。
婚活にもこれからの生き方にも、目先の生活にですらジタバタしている
鈍臭いオンナでございます。
いただいたコメントを励みに、これからも自分のしっぽを追いかける犬のように
同じ場所でぐるぐる回る犬のごとく邁進していく所存でございます。
プロフィール

ラナン

Author:ラナン
数十回のお見合いパーティーではいつも相手にされず、友達の紹介ではフラれる地味で内気なオンナ。東京の端の狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。好きなお惣菜は豚の角煮、ザーサイとバラ肉の炒め物、タン塩レモンサラダ。楽しみはお風呂で「翼を下さい」を歌うこと。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになり、お付き合いに発展する快挙↑。だがあえなく破局↓。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。そんな時に長年働いた派遣先からの契約終了を告げられる。同時に過去の真面目な働きぶりが認められ転職に成功。現在は別な会社の契約社員。
人生の目標は結婚。貧乏でもいい、愛し愛される結婚がどうしてもしたい。結婚できたらどんな困難も乗り越えてみせるわ。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指してジタバタするオンナでございます。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック