オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 平成から令和へ
FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<08  2019/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
平成から令和へ
あたくしの夕食は、たいていアパートでの自炊か、
近所のスーパーで買ったおつとめ品のお惣菜よ。
お惣菜を買ったときは、サラダくらいはつくり
ますわよ。
野菜を洗ってむしるだけですもの。
家でお酒を飲むことはほぼないわ。
食事のときは、いつも濃いめの緑茶よ。

今の職場でございますが、おおむね気に入って
いるわ。
想像以上にうまくいかないことですら想定内よ。
だってあたくしの想像力なんてたかが知れて
いますもの。

平成最後のお仕事を終えた日、あたくしはGW前の
解放感でいっぱいだったわ。
こんなに解き放たれた気持ちになるならば、3年に
1回くらい元号が変わってもいいくらい。
もちろん不謹慎な意味はございませんのよ。

こんなあたくしですが、終わりゆく平成そして
令和が始まる記念に、ふと
思い出を作りたくなったわ。
それで会社から家に帰る地下鉄の中で考えた
のはこんなことよ。

1.普段のあたくしでは選ばないような
  華やかなジュエリーを買う

2.行き先を決めず成田空港に行き、空いてる
  チケットで外国に行く

3.ホストクラブで遊ぶ

4.コリドー街でナンパされる
   されずに帰る

5.旅先で出会った人、またはコリドー街で
  ナンパしてきた人と電撃婚!!!

考えていたら楽しくなって、寄り道したくなったわ。
このまま帰ったってどうせひとり。
こんなに解放感でいっぱいの楽しい夜ですもの。
最初に書いたような夕食を食べて、お風呂に
入って寝る気分ではなかったわ。
こんな日くらい、どこかお店でおいしいものを食べたり、
ほとんど飲まないお酒だって、ちょっとくらい飲みたい
じゃありませんの・・・。

ひとりだっていいわ。
気軽に誘える友達がいなくても仕方ないわ。
だってそれがあたくしですもの。

迷いに迷って入ったのは、ひとりでも入りやすい
ターミナル駅地下通路にあるお店。
居酒屋よりも小奇麗でおしゃれな、今時はバル
とでも言うのかしら。
ビールに小さいお皿のおつまみを3品で、自分と
乾杯したのよ。
平成はあたくしにとっていい時代だったわ。
薄っすらとただ生きているだけだったはずが、
深く息をして、立ち上がって、しっかり歩いたもの。
走ったりジャンプしたり、転んだりもしたわ。
苦しかったことや泣いたこともたくさんあった、でも
楽しかったって心から思えたの。

もちろん振り返って「良かったわ」って感じ入って
いるだけではありませんのよ。
令和はもっともっと楽しくなるはず、
そう思ったわ。



おひとりさまランキング

令和とともにおひとりさまの境地に突入か


 【Bizoux(ビズー)】公式通販サイト






テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
あたしのけふの夕食は
サーモンちらし寿司と焼きそばであります。
麺が好きなんだけど、
No title
お前さん
良い恋😌🌸💕しろよ。良い女や
連休が終わりますね
ラナンさん、こんにちは。連休はいかがお過ごしでしたか?
平成で駆け込みでこちらのブログに出会えて良かったです。令和もどうぞよろしくお願いします。

私は残り少ない女性ホルモンをとどまらせるべく、日々イソフラボンの補給には余念がありません。納豆、味噌汁、豆乳…

閉店間際にスーパーのお惣菜が売り切れていた時の絶望感ったら。そんな時は空腹を誤魔化すべく、赤ワインと黒豆せんべいでしのいでいます。

更新楽しみにしています。
たけおさんへ
あたくしも、ちらし寿司と焼きそば、どちらも好きですわよ。
たけおさんへ
ありがとうございます。
頑張りますわね。
みゆきさんへ
連休は瞬きの速さで過ぎてしまいましたわ。
こうして1年が過ぎ、年を取っていくのでしょうね。
小さな夢すら叶わぬことに自分らしさを感じながら生きていくのも
これまたオツな人生かもしれないと、思わないこともありませんわ。

お惣菜が売り切れていたときの絶望感!!!
それはもう、どん底でございますわ。
最後の1パックを買った人を店中走って探し、お会計前ならば
何とか気をそらしてカゴからを盗み取りたい衝動にかられる
ことでしょう・・・。

地味で何の面白みもないあたくしとこのブログですが、令和も
よろしくお願いいたします。
プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック