オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 知りたい欲求

*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
知りたい欲求
結婚してないし、今は彼女もいない。

《高崎クン》と知りあって少しした頃のまだメールだけの
やりとりのとき、からそう聞いたわ。
この言葉も、特別な感情があったから聞いたのではなく
ただ何となくそんな会話になったの。

あれから随分たったけれど、23日に銀座で会ったときも、
同じことを言っていたわ。

向こうでは、同じ街に日本人は同じ会社の人とその家族が
いるけど、あとはほとんどいないし、現地の女性と一時的に
付き合ったり、まして結婚しようとはまったく思わなかった
んですって。



《高崎クン》とはこのまま関係が進むかもしれない。
進まないかもしれない。
あたくしがその気でも《高崎クン》は実はその気がないかも
しれない。
ちょっとした暇つぶしとか

そもそも、彼がどんな人なのかまだよく知らないし、彼だって
あたくしのことは全然知らないの・・・。
あわよくば・・・ってタイプじゃないことを願うわ

こんな事件をネットで見て、少しナーバスになってるの
かしら。


オンナ独身41才、貯金だったらほとんどありませんわよ。

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック