オンナ独身44才★愛の婚活ジタバタ狂想曲★ 竹は知っている

*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹は知っている
《高崎クン》は約束通り、駅の目の前の時計の下であたくしを
待っていてくれました。
背が高く、がっちりした肩幅、大きなカバンを持ち反対の
手であたくしを見つけて軽く手を挙げる仕草
、やっぱり
かっこいいの・・・。

彼は駅の近くのお店をネットで調べて2、3軒ピックアップして
くれていたわ。
あたくし、その中で一番落ち着いていそうなお店を選んだわ。

半個室になっているそのお店で、あたくしたちは狭いテーブルに
向かい合ってお酒をいただいたわ。
竹がふんだんに使われたインテリアに、間接照明。
イイ感じよ・・・。




「こんなおしゃれなお店は僕の住んでいた街には無かったよ」
と言って楽しそうにしていて、あたくしもうれしかったわ。
おいしいお酒と食べ物と素敵な人・・・。
お化粧室に立ったときに時計を見ると、もう21時
もしかしたら《高崎クン》も今夜はその気・・・?

席に戻ると・・・
「今日は遅くなるかと思ってホテルを予約してあるんだ。
今夜は一緒にいてほしいな」
《高崎クン》はあたくしの目を見て言ったの。
しばらくの間あたくしは戸惑うフリをしたわ。
だって・・・そういうものでございましょ?

そしてあたくしは小さく頷いたわ。
狭いテーブルの上で彼の大きな手があたくしの手に重なったの・・・。


トイレの鏡を見ながらの妄想でございました。
他の人が入ってきてハっと我に返ったあたくし・・・。

席に戻ると、真顔の《高崎クン》の後ろで竹が揺れていたわ。


オンナ独身41才、いよいよ勝負下着の出番!?

テーマ : 独身女性の物語
ジャンル : 独身・フリー

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

ラナン

Author:ラナン
お見合いパーティーでは必ずあぶれ、紹介ではフラれる地味で内気な派遣社員。東京の隅っこの狭いアパートで独り暮らし。近所のスーパーで半額になったお惣菜を買い、TVを見ながら食べる日々。楽しみはお風呂でひとり小声で歌を歌うこと。好きなお惣菜はアスパラ肉巻、酢豚、牛タンサラダ。よく歌う歌は「翼を下さい」。そんなダサダサな女が、お見合いパーティーでバツイチの紳士と奇跡的にカップルになって、お付き合いに発展したがあえなく破局。ほどなくして社内に気になる男性が現れ食事をするが、彼女持ちと判明。それでも諦めきれず片思いを続行中。
愛し愛される結婚がしたい。どうしてもしたい。そんな切なる思いを胸に、愛ある結婚を目指して再びジタバタと婚活に励む日々!?

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。